Chromeでスクロールバーを拡張機能なしで自動非表示にする方法

ブログを書く際にスクリーンキャプチャを撮ることがよくあるのですが、その際にスクロールバーが邪魔になる場合があります。

これ結構気になるんですよね。

「chrome スクロールバー 非表示」などで検索をすると、拡張機能を利用して非表示にする方法がヒットします。
代表的なものに拡張機能「Minimal Scrollbar」が挙げられます。

Minimal Scrollbar
Minimal but Useful Scrollbars

しかしこの拡張機能はChromeのアップデートに伴い、上手く動作しないことが報告されています。

そこで今回は、拡張機能「Minimal Scrollbar」を使わずにChromeのスクロールバーを非表示にする方法を紹介します。

設定方法

検索バーに「chrome://flags/」と入力する

Chromeの検索バーに「chrome://flags/」と入力すると、試験的な設定項目を変更できるflagsが設定できる画面に遷移します。

「Overlay scrollbars」を検索する

flags画面に移動した後、Ctrl + F で①「Overlay scrollbars」と検索します。
そして「Overlay scrollbars」項目を②「Default」から「Enabled」に変更します。
すると、クロームの再起動を促されるので③「RELAUNCH NOW」をクリックします。

再起動する

再起動したらスクロールバーが非表示になっています。
なお、設定を元に戻したい場合はflags画面で「Reset all to default」ボタンをクリックしてください。

動作確認

再起動後は、こんな感じになります。

右端にあったスクロールバーが消えていますね。

マウスホイールを動かすと通常よりも細いスクロールバーが出現します。

右端に細いバーが出現しました。これで現在どの位置にいるかの判別が付きます。

さらに、マウスをバーの上に持ってくると太くなります。

細かいところだけど気が利いてます!

まとめ

今回の機能は拡張機能「Minimal Scrollbar」と同等の機能をflagsから設定できるというお話でした。

現時点では試験的な機能となっていますが、ゆくゆくは標準項目として設定が可能になるかもしれません。