まとめサイトの作り方⑤ ~記事作成のルール~

昨今、他のサイトやブログから無断で文章や画像の転載を行っていた大手キュレーションサイトが相次いで閉鎖になるなど、記事の「著作権」に注目が集まっています。

WELQ、MERY…キュレーションサイトの問題点
そもそもキュレーションとは、インターネット上の情報を収集してまとめることであり、まとめることによって新しい価値を持たせることである。キュレーションを行う人はキュレーターといい、元々は博物館や美術館などの専門的知識を有する館長や管理者を意味する英語「curator」からきている。つまり、本来のキュレーションサイトであれば...

2chまとめサイトが誕生した当初は、2ちゃんねる(2ch.net)のスレッドから面白いものをまとめ、再構築して記事にすることが基本でした。しかし、2014年に2ちゃんねるの運営者が交代したことを契機に2ちゃんねる(2ch.net)から転載を禁止する方針を掲げています。このあたりの詳しい経緯は下記リンク先の「2ちゃんねるからの転載禁止問題」項目を参照ください。

まとめサイト - Wikipedia

その他にも「まとめサイト 転載」で検索してみると、他人のブログの文章を勝手に引用したことから訴えられているまとめサイトも実際に出ています。

このように、まとめサイトを運営する場合ある程度のルールを守らなければいけません。今回は、まとめサイトの正しい運営の仕方を見ていきましょう。

「おーぷん2ちゃんねる」から転載を行う

「おーぷん2ちゃんねる」とは、転載自由な2ちゃんねる風掲示板です。

おーぷん2ちゃんねる 掲示板へようこそ

サイトに飛んでみると、ページ下部に「おーぷん2ちゃんねるの投稿は著作権を放棄しパブリックドメインとして公開しています。まとめブログやウェブサイト上で自由に転載・創作を行えます。」という文言があります。つまり、おーぷん2ちゃんねるは最初から著作権を放棄しているので、転載しても大丈夫なのです。

現在のまとめツールは、このおーぷん2ちゃんねるのスレッドの読み込みに対応しているものがほとんどです、こうしたまとめツールを利用してまとめ作業を行いましょう。

まとめサイトの作り方③ ~まとめツールを徹底比較・検証してみた~
まとめサイトを作成する際に使用する「まとめツール」を徹底比較・検証してみます。

拾い画像を転載しない

おーぷん2ちゃんねるには、画像投稿機能がありスレッドの中には画像を掲載しているものもあります。この画像が、ネット上にある画像を拾ってきて掲載している、いわゆる「拾い画像」の場合が多く、大抵の拾い画像は著作権を侵害しています。
そのため、コメント主が自ら撮影したと分かるものや明言しているもの以外の画像は転載しないほうが無難です。

リンクのあるコメントや引用コメントを省く

スレッドによっては、外部サイトのリンクが貼られて文章を引用している場合があります。リンク先についての議論をおこなっている場合もあれば、参考程度に載せている場合もあるでしょう。
こうしたリンクの貼られているコメントは思い切って省いてしまいましょう!引用の定義が非常に複雑で難しいので、時として引用された側が不快に思うこともあります。無用なトラブルを避けるため、最初から引用リンクや引用コメントは削除しておいた方が安全です。

いかがでしょうか。これらのことに気をつければ、安全にまとめサイトを作ることができます。まとめサイトは、自分の興味のあるジャンルで運営することが多いので、運営するうちに知識が増えて楽しいという側面もあります。
ルールを守って楽しくまとめサイトを運営しましょう!!

まとめサイトの作り方⑥ ~相互RSSサービスを徹底比較・検証してみた~
まとめサイトを運用する時に利用する相互RSSサービスを徹底比較・検証しています。