スポンサーリンク

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーに登録する方法 ~配達方法とアプリの使い方~

この記事では、初めてUber Eatsで配達を行う方向けに、配達方法や配達パートナー専用アプリ「Uber Driver」の使い方を解説します。

まだ配達パートナーへ登録していない方は、以下の記事を参考にして登録を完了させてください。

スポンサーリンク

配達の手順

Uber Eatsでの配達の手順をざっくりとまとめると、この7ステップで大体の配達を行うことができます。

Uber Eats 配達の7ステップ
  • 1
    アプリを起動する
  • 2
    街ナカで待機する
  • 3
    配達リクエストを受ける
  • 4
    レストランで料理を受け取る
  • 5
    注文者のもとへ配達に向かう
  • 6
    料理を渡す
  • 7
    完了

画像つきで分かりやすく説明しますので、はじめての方は是非参考にしてください。

アプリを起動する

配達パートナー専用アプリ「Uber Driver」を起動するとこのような画面が表示されます。

iPhone Uber Driver

Android Uber Driver

稼働したい時は赤枠の「出発」をタップします。

「出発」をタップすると、オフライン状態からオンライン状態へと変化します。

このようにアプリをオンライン状態にすることで、配達リクエストをいつでも受けられる状態になります。

ときにはオンライン状態にして1分も経たずに配達リクエストがくることもあるので、いつでも配達に行ける状態にしてから出発をタップすることをオススメします。

街ナカで待機する

ここからは配達リクエストが来やすい場所を探す旅となります。

配達リクエストはUber EatsのシステムによるAIが、レストランへの距離など様々な条件から一番最適だと考えられる配達パートナーを自動的に割り出し通知されるようになっています。

曜日や時間帯、天候・場所などの様々な要因に左右されるため、配達パートナーにとってはこの待機時間をどう攻略するかが報酬に直結するかと思います。

例えば15時などのおやつ時よりも、ランチタイム(11時~14時)などのピークタイム時のほうが配達リクエスト通知は来やすいですし、平日よりも休日のほうが通知が多い傾向にあります。

また、雨の日などの悪天候の日や回転率の高い人気レストラン付近のほうが通知が来やすい模様です。

「なかなか配達リクエストがこない…」という方は需要が少ないエリアにいるのかもしれません。場所や時間帯を変えてみるなどの工夫をしてみると改善される可能性があります。

人それぞれやり方があると思うので、自分に合ったやり方を見つけていくことが継続して稼げるポイントになるかと思います。

配達リクエストを受ける

街ナカで待機していると、いよいよ配達リクエストの通知がきます。

配達リクエストの通知を受けるとアプリの画面が以下のように変化します。

青ピンでレストランのおおよその位置が表示され、赤枠の部分にレストランまでにかかる目安時間(実際には表示されている時間の3~5倍程度かかります。)が表示されますので、自分の現在地と見比べて、配達に行ってもいいと思ったら赤枠の部分をタップします。

逆に遠すぎたり今は疲れていて動けないと思ったら左上の「拒否する」ボタンをタップして拒否することも可能です。

なお、赤枠の中心に表示されているカバンのマークの周りには白い線があります。
この白い線は時間とともに時計回りで消滅していきます。
白い線が消滅するまでに赤枠の部分をタップしなければ、左上の「拒否する」ボタンをタップしたことと同じ拒否をした状態となります。

タップが完了すると、正式に配達リクエストを受けたこととなりレストランの名前と住所が表示されるので目的地まで向かいます。

レストランの場所が分からなかったり道に迷った場合は、右下の「ナビ」ボタンをタップすることでGoogle マップアプリが起動され、より詳しいナビゲーションをしてくれます。

そのためGoogle マップアプリは事前にインストールしておくことをオススメします。

レストランで料理を受け取る

無事にレストランに到着したら店舗の詳細をタップします。

この店舗詳細には、レストランからの注意事項や注文番号、注文品など様々な情報が表示されます。
順番にみていきましょう。

①レストランからの注意事項

レストランからの注意事項です。
レストランによっては「お店の中が狭いのでUberバッグを中に持ち込まないで下さい」といった情報が書いてありますので、事前に確認しておくことをオススメします。

②レストランの住所

レストランの住所はここにも記載されています。
どうしても分からない場合はGoogle マップでこちらの住所を入力すると正確な場所が表示されることが多いです。

③レストランへの電話

何かトラブルが発生した時に直接レストランに電話できるボタンです。
管理人はあまり使わないですが、お店の場所がGoogle マップでも分からないなどの最終手段で使う感じですかね。

④注文番号

この5桁の注文番号は非常に重要です。
この注文番号をレストランに到着した際にお店の人に伝えることで、注文品の確認を両者が行います。
そのためお店に到着したら必ずお店の人に伝えるようにしましょう。

⑤注文品詳細

ここをタップすると注文品の詳細が表示されます。
何か入れ忘れなどが発生した際、このボタンをタップして注文内容を確認します。

⑥配達を開始する

レストランで注文番号を伝えたら、出来上がった料理を受け取ります。

料理の受け取りが完了したら、一番下の緑のボタン「配達を開始する」ボタンをスライドさせ配達を開始します。

注文者のもとへ配達に向かう

「配達を開始する」ボタンをスライドさせると、次は注文者の名前や住所、マンションの部屋番号などが表示されます。

ここでも右下の「ナビ」ボタンをタップすることで、Google マップアプリが起動します。
事故に気をつけて注文者のもとへ配達に向かってください。

また、赤枠をタップすることで注文者の詳細が表示されます。
こちらも順番にみていきましょう。

①注文者からの注意事項

注文者からの注意事項が記載されている時があります。
到着する前に一度目を通すことをオススメします。

②注文者の住所

注文者の住所ははここにも記載されています。
どうしても分からない場合はGoogle マップでこちらの住所を入力すると正確な場所が表示されることが多いです。

③注文者への電話及びメッセージ

何かトラブルが発生した時に直接注文者に電話及びメッセージが送れるボタンです。

④注文品詳細

ここからも注文品の詳細が確認できます。
何か入れ忘れなどが発生した際、このボタンをタップして注文内容を確認します。

料理を渡す

目的地に到着したら、あとは料理を渡すだけです。

問題なく料理を渡すことができたら一番下の青ボタン「配達済み」ボタンをスライドさせ、配達を完了させます。

完了

以上で配達が完了しました!

はじめての配達お疲れさまです。

ちなみに配達が完了するとすぐに、今回の配達で獲得できる報酬が表示され確認することができます。

この瞬間がすごい嬉しいです。是非体感してみてください!

【a】Uber Eats 宅配ドライバープログラム