スポンサーリンク

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーに登録する方法 ~パートナーセンター本登録編~

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

前回の記事で、Uber Eats 配達パートナーのアカウント作成方法について書きました。

今回は、Uber Eats パートナーセンターでの本登録手続きについて書いていきます。

スポンサーリンク

パートナーセンターでの本登録方法

本登録会場であるパートナーセンターでは主に以下の5点を説明されます。

  1. 口座情報の登録
  2. 顔写真の登録
  3. 身分証の登録
  4. アプリ「Uber Driver」の操作説明
  5. Uber Eatsのバッグの説明

入り口に入って案内されたあとは説明係の方が全て説明してくれるので、話を聞いて従っておけば本登録は済んでしまいます。

所要時間は大体1時間程度でしょうか、人の混み具合によって若干変わるとは思いますが基本的にはそんなにかからないと思います。

それでは1つずつ見ていきましょう。

口座情報の登録

最初に説明の紙を渡されそこに載っているQRコードからアクセスし口座情報を登録します。

そのためスマートフォンにQRコードアプリをダウンロードしておくとスムーズです。

顔写真の登録

アカウント作成時にアップロードしている場合、顔写真の登録は不要です。
なんらかの理由で顔写真が登録できなかった場合はここで撮り直しを行います。

身分証の登録

アカウント作成時にアップロードした身分証の承認を行います。
なんらかの理由で不承認の場合ここでもう一度身分証の登録を行います。

アプリ「Uber Driver」の操作説明

次に、配達パートナー用の専用アプリ「Uber Driver」の操作説明が行われます。
説明係の方が丁寧に教えてくれます。

事前にアプリをダウンロードしておく必要はありませんが、今後配達を行う際には絶対に必要になるのであらかじめダウンロードしておくことをオススメします。

iPhone Uber Driver

Android Uber Driver

なお、アプリの詳しい使い方はこちらをご覧ください。

Uber Eatsのバッグの説明

アプリの説明が終わると、街ナカでよく見るUber Eatsのバッグをもらいます。

バッグの使い方を教えてもらったら、晴れてUber Eatsの配達パートナーとなれました。

スポンサーリンク

まとめ

ここまで1時間もかかってないです、かなりあっさりしていました。

ちなみに自転車で来てればその場ですぐに配達パートナーとして可動できます。

【a】Uber Eats 宅配ドライバープログラム
Uber Eats
スポンサーリンク
スポンサーリンク
にーお

ニートの管理人が在宅や副業での稼ぎ方・PCライフハックを紹介するサイト。

フォローする
フォローする
スポンサーリンク
ニートブログ.com
タイトルとURLをコピーしました