スポンサーリンク

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーに登録する方法 ~アカウント作成編~

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

好きな時間に働いて報酬を獲得することができる「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の配達パートナーになる方法について書いていきます。

配達パートナーアカウントを作成するのは非常に簡単でした。

メールアドレスがあれば3分程度でできます。

スポンサーリンク

Uber Eats配達パートナーは3ステップで始められます

Uber Eats配達パートナーになるには以下の3ステップを進めることで初められることができます。

  1. Uber Eatsでアカウントを作成する
  2. パートナーセンターへ行って説明を受ける
  3. アプリを利用し初配達を行う
にーお
にーお

管理人はその日のうちにアカウント作成~登録から配達までを行い、初報酬をいただくことができました

それでは順番に見ていきましょう。

スポンサーリンク

アカウント作成手順

まずはUber Eatsの公式サイトにアクセスします。

サイト Uber Eats

新規登録

トップページ右側の配達パートナー登録項目を埋めていきます。

①メールアドレス

メールアドレスを入力します。
このメールアドレスには、Uberから各種お知らせがくるので普段見れるアドレスにしておきましょう。

②名前(ローマ字)

名前をローマ字で入力します。(例:Ken Suzukiなど)

③電話番号

Uber Eatsで使用する電話番号を入力します。
配達中はユーザー(注文者)と電話する機会が頻繁に訪れるので、普段使用している携帯電話の電話番号を入力しておくことをオススメします。

また、050から始まるIP電話を登録することは通話に支障をきたす恐れがあるのでオススメはしません。

④パスワード

ログイン用パスワードを入力します。

⑤都市

自分が配達するエリアを入力します。(例:Tokyo、Osaka、Nagoya、など)
自分が住んでいる地域の都市を書いておきましょう。

あとからエリアは変更することが可能なので、旅先や引っ越した先でUber Eatsをやりたい時は設定から変更すれば大丈夫です。

⑥招待コード

招待コードは任意なのでスキップします。

ここまでの入力が完了したら⑦「次へ」をクリックします。

パートナー提携方法

配達に利用する車両を選択します。管理人は自転車を利用するので「自転車」を選択しました。

利用規約

利用規約の「確認の上同意する」にチェックを入れます。

書類のアップロード

次に各種書類をアップロードします。

①プロフィール写真

プロフィール写真をアップロードします。
帽子やサングラスの着用は不可となります。

②身分証

身分証をアップロードします。
運転免許証をお持ちの方は免許証をアップロードすることをオススメします。
外国籍の方は加えて在留カードかパスポートをアップロードする必要があります。

登録完了

以上の手順を踏むと、アカウントの作成が完了します。お疲れさまでした!

登録は本当に簡単にできるので、是非皆さんも配達パートナーに登録してみてください。
人とほとんど話すこともないし、自由に時間を組めるので結構イイ感じです。

サイト Uber Eats

にーお
にーお

管理人の今の生活を支えてくれています、本当にありがたい

スポンサーリンク

配達パートナーセンターで本登録へ

なお、ここからは配達パートナーセンターでアプリの説明やUberバッグの使い方などを教えてもらうことになります。

こちらも説明は1時間程度で完了するので、配達パートナーセンターへ行けばすぐに配達を開始することができます。

次回の記事でパートナーセンターの説明について書いていきます。

Uber Eats、本当にオススメです。

【a】Uber Eats 宅配ドライバープログラム
Uber Eats
スポンサーリンク
スポンサーリンク
にーお

ニートの管理人が在宅や副業での稼ぎ方・PCライフハックを紹介するサイト。

フォローする
フォローする
スポンサーリンク
ニートブログ.com
タイトルとURLをコピーしました