まとめサイトにおすすめの広告 ~Google AdSense~

まとめサイトを運営する時にオススメの広告「Google AdSense(グーグル アドセンス)」を紹介します。

Googleアドセンスとは?

その名の通り、Googleが提供している広告配信サービスです。審査に受かれば誰でも自分のウェブサイトに広告を貼ることができます。

おそらく、大手まとめサイトさんの大半はこの「Googleアドセンス」を利用して収益を上げていると思います。

なぜアドセンスが大手まとめサイトさんに選ばれるのか、その特徴について書いていきます。

Googleアドセンスの特徴

クリック保証型広告

Googleアドセンスは、広告がクリックされると報酬が発生する「クリック課金型広告」です。

クリック平均単価は運営しているサイトのジャンルによってかなり異なるので一概にはいえないのですが、ひとつだけ言えることはその特性上アクセス数が多いサイトのほうが圧倒的に収益をあげやすいです。

そのためアクセス数を稼ぎやすいまとめサイトと相性がよく、大手サイトさんはアドセンスを利用していることが多いです。

他のクリック課金型広告と比べ高単価

クリック課金型広告サービスはアドセンス以外にも各社サービスを提供していますが、単価を比較すると圧倒的に高単価です。

平均するとおそらく1クリック20~30円ほどの差が出てくるのではないでしょうか。
少なくとも僕が同じ箇所に同じ期間広告を貼ってみた時はそれくらいの差が出ました。

広告の種類が豊富

サービスを提供しているのがGoogleなので、信頼度も高く広告の種類が豊富です。

広告を出稿する会社も、知名度がある会社に広告を出した方が訴求効果がありますよね。

逆に自分がウェブサイトを訪問する立場だったら、興味のある広告しかクリックしませんよね?
全然見たことのない会社の広告は、よっぽど興味が惹かれない限りクリックすることはないかと思います。

そういった意味でも広告の種類が豊富だということは結構重要だったりします。

広告のサイズが豊富

アドセンスは広告のサイズも豊富なため、様々な場所に貼ることができます。

にーお
にーお

サイトのトップだけでなく、サイドバーにも、はたまたスマートフォンにも貼りたいな…

こんな時に最適なサイズが大体用意されています。

しかも、広告を出す場所やサイズまで自動で感知してくれる「自動広告」なるものまで容易されています。

自動広告について - AdSense ヘルプ
自動広告とは、コンテンツを収益化するためのシンブルで革新的な方法を提供する広告フォーマットです。自動広告では、各ページに同じ広告コー

その他には、記事を読み終わったところにある関連記事に広告を出してくれる「関連記事ユニット」や、スマートフォンのページ下部にスーッとついてくる「アンカー広告」など、とにかく種類が豊富。

広告の出し方が優秀

Googleアドセンスの広告は、そのウェブページの内容に沿った広告が出されるだけでなく、訪問してくれたユーザーの興味・関心に基づいた広告も出してくれます。

サイトに配信される広告のターゲティング手法 - AdSense ヘルプ
Google 広告は、サイトのコンテンツやユーザーをターゲットとして自動的に配信されます。ターゲティングには次の種類があります。 コンテンツ

どちらの機能も非常に優秀です。自分の興味ある広告が表示されたら思わずクリックしたくなりますよね。

にーお
にーお

グーグルのユーザー解析能力、すごいです…ある意味ちょっと怖いかも

続いて、アドセンスのデメリットについて書いていきます。

デメリット

審査が厳しい

アドセンスは他の会社の広告に比べ申請の許可が下りにくいです。

とくにまとめサイトは、「質の低いコンテンツ」を量産するとしてグーグルに嫌われる傾向にあります。

さらに審査がおりる条件も時代にあわせて刻々と変化しています。

そのため何かオリジナルコンテンツの部分も工夫して作らないといけないかもです。
ごめんなさい、このあたりは管理人が申請した時と少し情勢が変わっているのでまだ未審査の方は審査の条件を逐一チェックしていただけると嬉しいです。

にーお
にーお

管理人が申請した時代は、比較的緩かったのですが近年どんどん厳しくなってると聞きます

AdSense への参加要件 - AdSense ヘルプ
お申し込みの審査が完了するまで、ご参加いただけるかどうか確約することはできませんが、お申し込みの前に AdSense のご利用に適しているかどう

ポリシーが厳しい

アドセンスは守らなければいけないことが多く、しかもその条件が厳しいです。

そのため、広告の貼り方には常に気を配っている必要があります。

以下のサイト様が詳しく書かれていましたので、参考にしてください。

Googleアドセンスプログラムポリシーで知らないとやばい4つの禁止項目
Googleアドセンスを利用している人はたくさんいると思いますが、「プログラムポリシーを深いところまで理解していますか?」と聞かれてしまうと自信を持って理解していると言い切れる ...

アダルト関係に厳しい

グーグルアドセンスには、広告を貼るサイトに掲載してはいけない「禁止コンテンツ」というものが存在します。その中でも、セクシー画像などのアダルト関係は特に厳しいです。

まとめサイトは結構通俗的な話題も多いので、下世話な話題も盛り込んだまとめサイト運営を考えている方にはオススメしないです。

禁止コンテンツ - AdSense ヘルプ
AdSense コンテンツ ポリシーの詳細 以下の中から関心のある項目をクリックし、そのポリシーをご確認ください。 アダルト コンテンツ 家族向けコン

ある程度アクセス数が必要

サイトに人がこないと当然ですが全く利益は出ないです。そのため、稼ぐにはある程度のアクセス数が必要になってきます。

とくにまとめサイトは一般的なサイトに比べて広告クリック率が低いと言われています。

クリック率0.1%だと仮定しても、1万回表示されて10回クリック…

頑張って人の集まるサイトを作らないと厳しいです。

報酬の支払いは8,000円以上

8,000円を超すまでは振り込みしてくれません。気長に気長に、辛抱強く続けましょう。

初めて報酬が振り込まれたときは、めちゃくちゃ嬉しいです。

こんなまとめサイトが向いている

  • ある程度アクセスが見込める
  • ポリシー違反がない

通常のウェブサイトを運営する時と変わりないです。
まとめる話題については結構気を配ったほうがいいと思います。

こんなまとめサイトが向いていない

  • アダルト関係を扱っている

アダルト関係はアウトです。絶対に止めといたほうがいいです。
アダルト関係を扱っているまとめサイトさんは、忍者アドマックスやDMM.comを利用しているところが多い印象です。

それと、1ジャンルに傾けた特化型サイトはもしかしたら商品を購入されることで利益が発生する成果型報酬が合っている場合もあります。

使い方

最後に、アドセンスの申請方法や審査の手順などは、こちらのサイト様が経緯等含めて詳しく書かれておりました。
是非参考にしてみてください。

【2018年7月更新】Googleアドセンス審査の全手順(最新版)
Googleアドセンス審査の全手順を解説します。2016年11月に記事内容を大幅に見直しました。審査用ブログの準備から審査通過後の手続きまで、アドセンスアカウントに関するすべてを網羅しています。