商品紹介ツールを「カエレバ」から「AmazonJS」に変えてみた

当サイトではオススメの商品を紹介する際に先日まで商品紹介ブログパーツ「カエレバ」を使用していました。

使用していましたが、このたびWordPressプラグインの「AmazonJS」に変更しました。

今回は、なぜ「カエレバ」から「AmazonJS」へ変更したのかを書いていきたいと思います。

「カエレバ」、「AmazonJS」って?

上記2つのツールはともにAmazonなどの商品を紹介する際に、アフィリエイトリンクを簡単に貼ることが出来るツールです。

「カエレバ」は、Amazon以外にも楽天、Yahoo!ショッピングなどのアフィエイトリンクを生成することができ、記事内では以下のように表示されます。

たいして、「AmazonJS」で生成したリンクはこちら

どちらもとっても見やすく表示されるので、沢山のブロガーの方が利用しています。

2つの詳細な違いは以下のサイト様で紹介されていますので、興味のある方はお読み下さい。

カエレバとAmazonJSの違いを調べてみた件
miyamo(@dailysualog)です。アドセンスと並んで気軽に導入できるのが、Amazonアソシエイトです。アソシエイトのアカウントがなかなか取得できないという話をたまに聞きますが、普段から買い物をしているAmazonアカウントで申

また、それぞれの登録方法はたくさんのサイトさんが紹介をされています。

「カエレバ」ならこちら

カエレバの基本的な使い方と注意点【図解】
今回はAmazonや楽天、Yahoo!ショッピング等のアフィリエイトリンクをまとめて簡単に作成できるツールカエレバの基本的な使い方を紹介していきます。 最近では多くのサイトでも結構使われているこんな感

「AmazonJS」ならこちら

Amazon アソシエイト広告をWordPressで綺麗に表示させるAmazonJSの使い方
こんにちは!Web集客コンサルタントの佐藤です。 このブログでも、度々マネタイズ(収益化)の記事を書いていますが、WordPressブログを運営するなら絶対にやっていただきたいなと思います。 高単価アフィリエイトだと、どうしても初心者にはハードルが高いのと、『誰から』のブランドで有名な方に勝てないのが事実です。 そこで...

のサイト様が分かりやすかったです。

それでは、なぜ管理人が「カエレバ」から「AmazonJS」へと変更したのかを書いていきます。

理由1:キャッシュをクリアした時に再登録するのがめんどくさい

WordPressのプラグインである「AmazonJS」と違い、「カエレバ」はWEBサービスとなっており、サイトに自身の情報を登録し利用をします。

管理人はたまにブラウザの動作が遅くなった時などにキャッシュをクリアすることがあるのですが、その際にせっかく登録した「カエレバ」の情報もリセットされ、再度登録しなければなりません。

完全に管理人のミスなのですが、これが結構めんどくさい笑

「AmazonJS」はプラグインなので、一度情報を登録すればキャッシュをクリアしても引き続き利用することができます。

また、WordPressプラグインのため記事を書いてる時に同じ画面上でリンクを生成できるのも楽ちんです。

理由2:生成されるコードがシンプル

「カエレバ」で生成されるコードは一例として以下のようなものがあります。

<div class="cstmreba">
<div class="kaerebalink-box">
<div class="kaerebalink-image"></div>
<div class="kaerebalink-info">
<div class="kaerebalink-name">
<div class="kaerebalink-powered-date"></div>
</div>
<div class="kaerebalink-detail"></div>
<div class="kaerebalink-link1">
<div class="shoplinkamazon"></div>
<div class="shoplinkrakuten"></div>
<div class="shoplinkyahoo"></div>
</div>
</div>
<div class="booklink-footer"></div>
</div>
</div>

たいして、「AmazonJS」で生成されるコードはこんな感じ

amazonjs asin="asin番号" locale="国名" title="タイトル"

非常にシンプルです。これがブログのメンテナンスを行う時や、アフィリエイトリンクの修正を行いたい時にジワジワと効いてきます。

修正が楽なので、テコ入れがしやすいんですね。

また、「AmazonJS」はアマゾン側で価格が変更された時に自動で修正をしてくれるのも管理が楽でイイ感じです。

理由3:結局、Amazonリンク以外あまりクリックされない

カエレバでアマゾンリンク以外に楽天なども表示をしていたのですが、当サイトでクリックされるのはほとんどAmazonでした。

ザックリ言うとAmazon9割、その他1割といった比率。

これは運営しているサイトによって属性が変わってくると思いますが、当サイトでは上記のような結果だったので「AmazonJS」でもいいかな?と思うようになりました。

まとめ

以上、上記3つの理由により「AmazonJS」に変えることにしました。

正直、どちらのツールも非常に使いやすく一概にこっちのツールのほうがいいよ!とは言えないです。

どちらのツールを選ぶか迷っている方の判断材料の1つになれば嬉しいです。

※「AmazonJS」の詳細な設定方法はこちらをご覧ください。
https://xn--qck4bi9b5gsd.com/1420